日本看護コーチ協会について

日本看護コーチ協会は、看護とコーチングのプロフェッショナルである看護コーチの育成を通して、人々の望む生き方を支援します。

日本看護コーチ協会設立のあらまし

「全ての看護師がコーチだったら、自分らしく幸せに生きる患者と看護師が増えるね!」

日本看護コーチ協会は、二人の看護コーチの対話をきっかけに誕生しました。

当協会の代表と副代表は、2013年にコーチングのワークショップで知り合いました。

当時は医療・看護に特化したコーチングプログラムはなく、2人ともビジネスコーチングの課程を受講し、コーチとして活動していました。

お互いにそれぞれの看護の現場でコーチングを実践しており、日々の患者との関わりや管理職としてチームメンバーに関わる時に役立つことを実感していました。

「コーチングが、看護の現場に普及していかないのは何故だろう?」

「もっと看護師にコーチングを知ってほしい!」

「看護の現場で活躍するコーチがいることを当たり前の世界にしたい!」

そんな2人の想いを起点に、看護コーチングへの情熱が広がり、賛同者と共に2014年に日本看護コーチ協会を設立しました。

日本看護コーチ協会のミッション

日本看護コーチ協会は、全ての看護師がコーチである社会を創造します。

世の中は常に変化しており、看護の現場で求められるリーダー像は変化しています。

新型コロナ感染症、災害など、予測不能な世の中において、明確な答えや前例がなくても主体的に課題に対応し、連携して協働できる看護師が求められています。

看護師を取り巻く環境が変化している中で、圧倒的な権威をもつ指示命令型の看護管理者は、過去のリーダーとなりつつあります。

日本看護コーチ協会のミッションは、全ての看護師が看護とコーチングのプロフェッショナルとして、看護師がかかわる人々の全てがその人らしく生ききることを実現することです。

看護コーチとは

看護の現場でコーチングを実践するコミュニケーションリーダーです。

看護コーチは、以下の3つに対して支援します。

患者支援

看護師がかかわる看護の対象の多くは、疾病と主に生きている人です。

疾病や障がいにより、本当はやりたいこと、願っていることは出来ないと諦めてしまうケースもあります。

看護コーチは、患者が諦めかけている本当に望んでいる人生の目標について、コミュニケーションを通して明確にし、その人の持っている力や得られる支援に患者自身が気づいて望む生き方の実現を支援します。

看護師の支援

夢と希望を持って看護師になりましたが、人の命に関わる緊張感や重圧、職場の人間関係、心と身体の疲労から、退職する看護師も少なくありません。

現場の看護師の支援としては、二つの方法があります。

一つ目は、コーチ型コミュニケーションの実践です。

自分自身の課題に直面して、心が折れそうになっている看護師に、コーチ型コミュニケーションでかかわることで、その人が目指している看護師としての在り方を見つめて、隠された真の想いや強みを引き出して、看護の仕事を通して自己実現する支援をします。

また、看護の仕事にやりがいを感じ、さらに成長したいという看護師に対して、コーチングを行うことで、成長の速度と幅を促進することが出来ます。

二つ目は、コーチ型コミュニケーションを実践できる看護師の育成です。

現場の看護師の全てが、コーチングを実践できるようになると、かかわる全ての人々の目標達成を促進するため、患者の人生の質、チームの仕事の質、自分自身のやりがいも向上します。

看護コーチには、現場で働く看護師にコーチ型コミュニケーションの方法を教えて、現場の中で実践しコーチングの実践力を培い広めていく役割があります。

医療・看護チームへの支援

医療・看護は、チームで実践します。個々の看護師がどんなに優秀であったとしても、チームが機能していなかったら、良い看護を提供することは出来ません。

医療・看護のチームは、プロフェッショナルの集団であり、プロとしての意識が高いからこそ意見の対立から衝突したり、争いを避けて無関心となることがあります。

看護コーチは、コーチ型リーダーシップを実践して質の高い医療・看護を提供するために、チームの中でお互いを尊重して対話を促し、共創・協働するチームでありつづけることを支援します。